シール・ラベル印刷を得意とする株式会社日本ラベルのオフィシャルサイトです

印刷物制作の流れ

印刷の流れ

制作するものによって違いはありますが、一つの印刷物を仕上げるまでの基本的な手順、プロセスは次の通りです。 

 

企画・提案

すべての印刷物は、何のために、どんな内容をつくるかという企画からスタートします。目標が設定されると新聞、カタログ、ポスターなど媒体が決定され、それを、いつ、どのくらいの量、どのように作るのかの大筋が決定されます。

矢印

編集・レイアウト印刷する原稿には、文字、図表、図面、カット、イラスト、絵画、写真などあらゆる要素がありますが、印刷するにはこれらの原稿を整理し、レイアウトにもとづいて大きさや位置、配列を決定してゆきます。

矢印

版下DTPPCのソフトウェア上で文字は適するフォント・大きさで打たれ、写真やイラストは高解像度データとしてはめ込まれ、印刷の仕上がり状態そのままに制作されます。

矢印

校正

間違いがあるかないかチェックすることが必要です。版下でミスがあればそのまま印刷に出てしまいます。

矢印

色校正色刷りの場合、カラーの校正刷りを行います。これにより色調のチェックを行い、この段階で文字等を含め、最終的な校正となります。

矢印

刷版

原板から、それぞれの印刷方式をとるため、原板フィルムに光を当て、それぞれの版材に焼付けを行います。

矢印

印刷それぞれの印刷方式にあった印刷機械により、印刷物の内容や用途に適した紙に、インキの乗り具合、印刷効果の調整などを検討した上で印刷を開始します。

矢印

仕上げ名刺や挨拶状のような「端物」と言われるものを除いて、刷了後には仕上げの作業があります。指定された寸法に断裁し、折りを入れてページ順に揃えて製本するなどの加工を施します。

印刷の流れ02 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社日本ラベル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.