シール・ラベル印刷を得意とする株式会社日本ラベルのオフィシャルサイトです

印刷方式/加工方法

印刷方式の種類について

現在、日本ラベルで取り扱いの代表的な印刷方式は以下の通りです。

凸版印刷

凸版印刷

版の凸部分にインキを付けて、加圧しながら紙などにインキを転移して印刷する方式です。
紙に印刷する場合は水性インキとUVインキを使用します。ベタ印刷に優れていますが、網点印刷の品質が向上したため、ラベルや紙器、軟包装などの印刷にも活用され始めています。

【特長】 線画や網点の輪郭が鮮明で、印刷濃度の高い力強い仕上がりになります。水性インキに対応していて、印刷ロスも少なく、小ロット印刷にも対応可能です。

オフセット印刷

オフセット印刷

オフセット印刷は、水と油が反発することを利用して印刷を行っています。
名前の「オフセット」とは、版の胴につけたインキを1度ブランケットへ転写(OFF)して、紙に転写(SET)する方式からです。大量の印刷物を一度に印刷することができるので、枚数や部数が多い場合に適した印刷方法です。

【特長】版制作費が安く、多色印刷が得意なので写真やイラスト、グラデーションのあるものがキレイに仕上がり、文字もはっきりしています。大量ロットに対応しやすく、大きなサイズの紙にも使用できます。

シルク印刷

シルク印刷

他の印刷方法では困難な曲面印刷が可能で、プラスチック・ガラスなど幅広い素材に適用が可能です。
ポリエステル・ナイロン・ステンレス等細かい糸で成り立つスクリーンメッシュをアルミ枠に貼り、インキを通過させるところと通過させないところを版として作り、その版にインキを刷りつけて、インキが通過したところが絵柄となります。

【特長】 濃度が高いため耐光性があり、ボリューム感があります。対応可能なインキの幅が広いので、印刷対象物の形状・サイズ・柔軟性・素材を選びません。

POD印刷

 

xerox_c75

「オンデマンド印刷」(Print on Demand)の略で、必要な時に必要な部数だけ印刷することです。
従来の印刷では、小ロットや大量部数に関わらず、印刷の版を制作(刷版)して印刷機にかけるため、小ロットだと一枚当たりの単価が高くなってしまいました。しかしオンデマンド印刷は、従来の印刷とは違いデジタル処理で印刷を行います。刷版の工程を省き、必要な部数だけを印刷することができるため、結果的に小ロットでも安く印刷することが可能です。

加工方法について

印刷を行なった後から完成製品となるまでの間にほどこす加工の代表的なものとして、以下のものがあります。

PP貼り

PP_02

PP方法印刷面にフィルムを貼ることで、印刷面の保護し、見た目に光沢を出すことが可能です。

箔押し

箔押し

箔押し説明印刷面に金や銀等の「箔」を押すことで、独特の高級感を出すことが可能です。

ビク抜き

抜き型

ビク抜き印刷後、別行程にて型抜きします。複雑な型でも対応できます。

樹脂盛り

樹脂盛り説明印刷後、表面に透明樹脂を盛り付けます。商品に3次元効果、レンズ効果を与えます。

お問い合わせはこちらまで TEL 03-3558-8611 AM9:00〜PM17:50(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社日本ラベル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.